Apple IDのパスワードをリセットするー2ファクタ認証

    

2ファクタ認証

あなたのアカウントを守るためのセキュリティです。セコムです。

例えばパスワード(=PW)を変更する時などに、変更を許可する確認コードをAppleが送ってきます。

この確認コードを受け取り入力をしないと、PWは変更できません。

Apple IDが第三者に漏れていても、この確認コードを受け取って入力しない限り第三者はどうすることもできません。

この確認コードの受け取りをする条件は

  • 信頼できる電話番号
  • 信頼できるデバイス(Apple製品であること)

以上を登録しておきます。

例えば家族、お母さんがiPhone使ってるなら、お母さんのiPhoneを信頼できるデバイスに、電話番号はお母さんのiPhoneでもいいし、家の固定電話でもOK。

ただ、自分以外のiPhoneにすると、イチイチ何かある度にお母さんのiPhoneに確認コードが届くので、大抵はご自分のiPhoneと電話番号に設定されているでしょう。

万が一自分のiPhoneが使えないことを想定して、自分の電話番号以外にもう一つ信頼できる電話番号を追加しておくとよいでしょう。

     

今のPWが分かっている場合のPW変更方法

フィッシングメールやらのリンクでうっかり個人情報を登録してしまうことがあるかもしれません。

そういう場合は、速やかにPWを変更しましょう。

設定>ユーザ名>パスワードとセキュリティ

パスワードの変更をタップ

案内に従って進んでいけば、無事PWは変更できます。

   

PWを忘れた場合=リセットする

信頼しているデバイスから、有効にしてあるパスコードを使ってPWのリセットができます。

基本画面は、上の画面と同じです。

変更(PWを覚えている場合)とリセット(PWを忘れた場合)どちらもPWを新しくしたら、

iTunes Storeや各アプリからサインアウトをして、

新しいPWでサインインし直してください。

   

何度もパスワードを間違えた

何度もPWを間違え、もうリセットしかないと思い、

設定>ユーザ名>パスワードとセキュリティに行ってみると、

この画面で「サインインし直してください」との表示があった場合。

覚悟してください。

あなたのApple IDアカウントはロックされてしまいました ort

アカウント復旧という作業をしなければなりません。

ただこの場合はアカウントが使えないというだけですので、電話などは使用できる状態かと思います。

アカウント復旧については後ほど。

   

iPhoneが使えない状態になった上、PW忘れた

信頼できるデバイスと電話番号の設定をしているiPhoneが使えなくなった場合。

iPhoneを修理に出す、ターミネーターに粉々にされた場合など、新しいiPhoneを用意しなくてはならないでしょう。

この場合、Apple IDとPWが分かっていてSIMを移し替えれば新しい機種でApple IDにサインインできます。

電話番号を変えない限り大丈夫です。サインインすれば問題ない。

信頼できる電話番号もデバイスもない。

もうどうすることもできません。

有無を言わさずアカウント復旧です。

アカウントの復旧

アカウントにロックがかかって使用できない状態になっています。

この解除をしてもらうために、アカウントの復旧という作業をしなくてはなりません。

Apple IDの所有者であることを証明できなくなったら、最悪です。

Apple IDに関係あるであろう、出来る限りの本人確認事項を用意してアカウント復旧の手続きををしなければなりません。

この復旧、早い方は1週間くらい、長い時は1カ月はかかると思ってください。

何が復旧の早い遅いを決めるのかは正直分かりません。

電話がせめて使える状態なら御の字です。

ただ自分のApple IDに関連付けられているものにアクセスできません。

これもあなたの個人情報を守るために、サーバーがシャットダウンした、その回復のために時間がかかると理解してください。

この場合、自分でアカウントの復旧をする方法はありますが、アップルのコールセンターに電話する方が良いでしょう。

ただ、いくら泣いてもオペレーターさんは復旧にかかる時間を早めたりできずどうすることもできないので、復旧の手続きをおとなしくして、アカウントがよみがえるのを待ちましょう。

アカウントが復旧するまでは、新しいApple IDを作ってそれでサインインして使うという方法もあります。