Apple IDを使用できなくなる場合とは

      

Apple IDが分からなくなった場合

突然iPhoneの電源が入らなくなり修理などに出す場合、iPhoneを探すがONになっていると修理は受け付けてもらえません。

iPhoneを探す機能をOFFするのに必要になるのがApple IDとパスワード。

パスワードが分からなければリセットすればよいので問題ないが、マズいのはApple IDが分からない場合。

Apple IDはメールアドレスです。これが分からない場合、サインインできないため、アカウントにアクセスできません。

iPhoneを探す機能もOFFにできないため、修理にも出せません。

この場合の対処法は、新機種を購入し、新しいアカウントを作成してイチから始めることのみ。

誰もどうすることもできません。

      

パスワードをリセットできなくなった場合

PWをリセットできない場合

1. 2ファクタ認証の確認コードが受け取れない

信頼する電話番号が使用できず、登録していた番号を思い出せない時です。電話番号を変更した後に、iPhoneから電話番号の変更をしないままでいた場合に起きます。

以前の番号が分かるのであれば、iPhoneから電話番号の変更もしくはアカウント復旧で電話番号の変更をすることができます。

以前の番号が分からない、PWがリセットできない場合、今までのアカウントは捨てなければなりません。

    

2. PWリセットのメールを受け取れない、かつ質問の答えも分からない

アカウントはあきらめてください。

誰にわめき散らかしても、どうにもなりません。

素直に新しいApple IDを作成しましょう。

    

アカウントが使えなくなった場合

PWリセットができずしょっちゅうApple IDのサインインが求められ、新しいiPhone買って新しいApple IDで心機一転やり直すしかない場合。

まだ前のiPhoneを操作できるならば、ダメージを最小限にできます。

失ってダメージの大きいものは個別に保存することが可能です。

1.連絡先

・アプリがダウンロード可能ならGoogle Driveアプリをインストールしてバックアップを取る。Googleでアカウントを作っていることが前提です。

・連絡先を契約している携帯通信事業者で連絡先が保存されていないか確認してみる。

    

2.写真

・PCに保存できます。

・Googleフォトアプリに同期する方法もあります。

    

3.LINEや引継ぎコードの必要なアプリ

・それぞれのアプリのHPで引継ぎ方法を調べる。

引継ぎ作業さえすれば、新しいiPhoneで継続使用が可能。

・ゲームに関しては、Apple IDに紐づくようにしていた場合、PWが分からなくなったことで引き継げない可能性があります。この場合はアプリの開発元に問い合わせましょう。

    

PCでバックアップを取り、新しいiPhoneにバックアップ移せばいいじゃんという方。

結論:またPWの分からなくなっているアカウントデータがインストールされるだけです。新しいiPhoneでもサインイン地獄になりたくなければやめましょう。

    

アカウントを安全に使い続けるには

1. パスコードとApple IDとPWは控えておく

アカウントノートを1冊作り、AppleやAmazonなどのアカウントに関する物を控えておきましょう。

画面ロック解除のパスコードは忘れたり、10回誤入力すると有無を言わさず初期化しなければなりません。

パスコードは死んでも忘れないように。

    

2. 自動バックアップはONに

人は忘れる生き物です。

不測の事態に備え、自動バックアップは常にONに設定しておきましょう。

ちなみにバックアップを作成するのは自分でやらなければなりません。

自分でやらなければ誰もやってはくれません。

自分でバックアップが面倒な方は、お金を払ってお店でバックアップ作成して頂く方法もあります。

      

3. iCloudを利用する

こまめに自分でPCにデータを保存できるならば問題はありません。

めんどくさい方はiCloudを利用しましょう

ストレージが足らないなら、ストレージを購入しましょう。

十分な空き容量を確保し、バックアップと同期の設定をしておけば簡単にデータを保存できます。

月々数百円支払って面倒から解放されるか、自分でこまめにデータの管理をするか、どちらかです。

    

4. 何かの変更があった場合は速やかにアカウントの設定も変更する

電話番号、IDとして登録しているメールアドレスの変更があった場合は速やかにApple IDアカウントの変更をしましょう。

引越しする時に役所に転居届を出さなければならないですよね?

それと同じと思ってください。

      

5. アカウントに関する作業は人任せにしない

携帯ショップでよく目にするのが、iPhoneの初期設定がめんどくさいからと店員さんに丸投げする光景。

そんなんだからいつまでたってもワケ分からないままなんですよ?(笑)

最近はショップでも初期設定は手伝わないとお断りする所が増えているそうです。いい事です。

初期設定は、Apple IDのサインインやらパスコード設定やら大事な作業の宝庫です。ここの設定を人任せにしてはいけません。

iPhoneを使用する=アカウントの管理です。

安全に賢くiPhoneを使いたいのであれば、アカウントの重要性を認識しデータ管理は自分で行いましょう。

        

まとめ

絶対に忘れてはいけない物

1. ロック画面解除のパスコード

2. Apple IDに登録しているメールアドレス

3. 2ファクタ認証に使用する電話番号

4. 定期的なバックアップ作成