” 所有しない ” という選択

     

おはこんばんは、レオです。

先日、友達が遊びに来た時の事。

あれ? レンジどこ?

ウチ、レンジ無いよ?

は⁉ レンジ無いってどういうこと!?

         

キッチン家電

私、一度も電子レンジというものを所有したことがありません。

なぜならば、必要ないから。

うん。確かに便利ですよ?その便利さも知ってる。だけどね、必要性を感じません。

私、そこそこ料理します。ただ独り身なので食料のまとめ買いもしませんし、冷蔵庫で保存しておけて鍋で温めるだけの作り置きしかしません。

温めるのとかレンジがあれば便利だよなぁとは思います。けど鍋を火にかけてもそんなに時間はかからないし。

冷凍したご飯も蒸し器で温めている間に、他の料理をチャチャっと作ります。

日本人ならば必需品であろう炊飯器。

す、炊飯器見当たらないけど、炊飯器はあるよね⁉ ね⁉ (涙目)

ないよ?必要ないし…

どうやってご飯炊くのォォwwwwwww

10年くらい前から米は鍋で炊いています。直火で炊いた方が美味しく感じるのと、鍋で炊く方が早いし場所とらないから。

単に炊飯器が壊れた時に土鍋で米炊くのが流行ってたというだけのきっかけなんですが。

炊飯器は確かに予約とかできて便利ですよ?

ですが、

そもそも米を炊くという行為で一番めんどくさいのは、米を洗って研ぐという炊く前の行為なんです。

米まで洗って研いでくれてなおかつ炊いてくれる炊飯器はまだ見たことありません。

生米をジャーに入れただけで洗い・研ぎ・炊くを全部してくれるのなら、炊飯器買います。

じゃあ無洗米使えばいいやん!とおっしゃるかもしれませんが、私は無洗米はおいしく感じません。なので却下。

いい事に、精米機の進化によってコメを前ほど腰を入れて研ぐ必要がなくなりました。

結局、一番手間暇のかかる洗い・研ぎを人間がしないといけないのならば、鍋でいいんじゃね?おいしいし。という結論になりました。

電子レンジもない、炊飯器もない、他人様から見れば原始時代の生活を送っているように見えるかもしれません。

でもこの2つがないからキッチンはスッキリしています。あいつらそこそこデカいんですよ。

電子レンジも炊飯器もありませんが、鍋にはお金をかけています。ステンレスの5層構造とかの重たいプロ仕様の鍋を使っています。きちんと手入れすれば一生使えますし、丈夫です。重たい以外の欠点はありません。

結果的にいい鍋を使うことで時短、節約になります。米3合炊くのに火にかける時間は10分以下。保温性がいい鍋は長時間火にかける必要がなく、最初だけ火を使って後はとろ火か放置でいい具合に火が入る。

電子レンジも炊飯器も家族がいれば必要になるとは思います。一人暮らしだとレンジも炊飯器も不要です。荷物になるだけ。

     

自転車

私、自転車も持っていません。ですが会社まで毎日自転車通勤しています。

そうです、メルチャリしてます。自転車シェアリングです。

ホント便利です。何がいいって、自分で自転車の管理をしなくていいということ。

自分で所有していれば、管理費も手間暇もかかる。パンクした、タイヤの空気入れなきゃいけない、廃棄するには廃棄料金がかかる、買う時も防犯登録やらなんやら、メルチャリならばそういった維持費やめんどくさい事から解放されます。

しかも1分4円という料金の安さ。渋滞も関係ないし、なんだかエコでいいことしてる気分にもなるし。今、自分で自転車を所有していたら、お金払って駐輪場に止めなければならないですよね?それも必要ない。

放置自転車が近所にあったらそれに乗って会社や家の近くのポートまで戻せば、次回15分無料のチケットが貰えます。

結構ポート外に乗り捨てられているチャリが多いので、私がひと月にメルチャリに払うお金は結果的に700円くらいです。家と会社の往復を20日くらい 1か月に40回利用してこの値段です。700円×12ヵ月で年間8400円、5年で42000円です。安めの新品のママチャリでもこれくらいの値段はします。

自転車は5年くらいでガタが来ます。メルチャリの使用料金と新品のママチャリとの価格は大して変わりません。所有することで維持・管理の手間暇が生じる。自分で管理しなくていいということだけでも私の感覚ではメルチャリ一択です。自分で所有するという選択肢は1ミリもない。

デメリットもあります。そもそも雨の日は乗れないし、ポートに行ったらチャリがタッチの差でなくなったとか、メンテナンスで使えないとかはたまにあります。そういう時は怒り狂っても仕方ないのでさっさとあきらめてタクシー乗ったりします。

    

書籍・CD

昨年断捨離をして、ほとんどの本とCDを処分しました。

経年劣化がひどい物は捨て、状態が良い物はメルカリでほとんど売りました。どうしても手放したくない物だけを残したら、本棚がいらなくなりました。本棚も処分しました。マジでスッキリです。

引越しの度にBOOKOFFなどで本を処分してはいたのに、また次の引越しで本は減るどころか増えているわけです。引越し屋さんにやたら重い荷物が多いですねと何度も嫌味を言われてきましたw

そして引越しの度に本を梱包しては新居で本棚に戻すという結構な作業を繰り返していました。

壁一面を埋めつくすこの本たち。

この何百冊という本の中で2回以上読んだのって一体どれくらいだろう…。

よくよく考えれば、大概の本は1度読んだら2度は見ていない。2度3度読むものなんてごくわずか、繰り返し何度も読み続けているものになると片手で数える程。読もうと思って買ったはいいが放置したままのものだってある始末。

私は本を所有し陳列している状態だけでなんだか頭が良くなった気がして、所有し陳列することに満足していたことに気づいたのです。

自分の浅はかさ・勘違いに衝撃を受けました。

本を所有することには何の意味もない。

図書館じゃあるまいし、凡人の私には荷物になるだけで何のメリットもないのです。

今は本やCDの現物を買うことはありません。

サブスクリプションです。

月々1000円くらいで音楽聞き放題、本読み放題です。しかも読みたい・聴きたい時にすぐ手に入る、待たなくていい、外に出て買いに行く必要がない、荷物にもゴミにもならない、管理も必要ない。メリットしかないじゃないか。

それに、もう引越し屋さんに辛い思いをさせなくて済みますw

老眼で本読むのが辛くなっても、デバイスなら自由自在に文字を大きくできますし。

   

運転免許

私は運転免許を持っていません。当然のことながら車も持っていません。

だいたいの方が学生の時に免許を取るのだろうと思います。

なぜ運転免許を取らなかったのか?

1.若い時なんてお金ありません。

2. ある程度の都会に住んでいたら車の必要性を感じない。

3.半端ない大酒飲みだったから。

お金ないのに免許取って、車買って、駐車場代払って、ガソリン払って、保険払って…。

どう考えたって破産確定です。払えません。

ある程度生活に余裕ができた頃には社畜やってたので、休みの日はひたすら家に引きこもる=車の必要性がない。

そして大酒飲みが車を持つとかリスクしかない。車に払うお金あったらその分ワインにお金使いたい。

こういった事で免許を取らずに生きてきました。これから先も取るつもりはありません。

それに車の運転なんかまだ許可されていないだけで、人間様がしなくていい時代が来ています。

    

所有しているが不要だと感じている物

プリンター

ここ2~3年使っていません。

もう紙に物を書いたりすることも少なくなりました。メモすら紙に書きません。

すべてPCかスマホです。

書類なんかもデバイス上で作成したものをそのままデバイスで共有すればいいだけです。

書類の山を持ち運ぶ必要も保管する場所も必要なし。重くない、場所とらない、廃棄も簡単。

テレビ

ほとんどテレビ番組を見なくなりました。テレビ見るのはYou Tubeかネットフリックスです。高画質なモニターがあればテレビいらないなぁというのが最近の感想。

     

     

シェアという概念

物を持つと維持・管理しなければならない。そうなるとお金と時間と労力が消費される。

一般的に私たちは毎日8時間前後働き、睡眠に8時間、自由に使える時間は8時間以下。1日24時間のうち、ひいては人生の1/3しか自分の自由にならないのです。

家庭があるなら自分の時間はもっと少ないでしょう。

自分の時間を有意義に使うためには無駄を省くしかない。

お金を節約するために考え知恵を絞り労力を使うけど、時間を節約するということをほとんど考えてこなかったことに気づいたのです。

モノを所有することで今までどれだけの不要な手間暇をかけてきたことか。

自分で管理する手間がなくなればその分の時間を手に入れることができる。

シェアハウス、カーシェアリング、フリーマーケットなど様々なシェアビジネスが増えてきました。

シェアすることで手間から自分を解放し、自分を本当に豊かにしてくれるモノや生活に絶対に必要な物だけを所有する。

そして自分の時間を大切にしたい。

アラフォーになってこういう考え方に変化しました。

いつ死ぬか分からない中で有限の時間を賢く使うために、今を自分のために生きるために、賢く消費するためにシェアという概念は役に立つのではないだろうか。

たくさん所有しているのが豊かだという概念は変わっていくかもしれない。

自分にとって不要な物は所有しないという選択をすること。

自分のためではあるけれども、ひいては地球の、結果人類のためになるのではないかと思うのです。

      

     

読んでくださってありがとう♡