iPhoneの写真をPCで保存する

iPhoneで撮った写真や動画がストレージをじわじわと圧迫してきた…。

そんな時の対処法がPCに保存するという方法。

まず明確にしなければならないのは、どこに保存したいかということ。

以下、Aplleの推奨する安全かつ簡単な写真の保存方法を紹介いたします。

    

Windowsのフォトアプリに保存

iTunesが最新バージョンであるかを確認。アップデートがあるならば、アップデートをまずしましょう。

そしてPCも最新の状態にアップデートしておいてください。

このアップデートをほったらかしにすると失敗します。

そしてPCに十分な空き容量があることを確認しましょう。

   

ではiPhoneをPCに接続しましょう。

この時Apple純正のケーブルを使用してください。純正ケーブルでないとPCにiPhoneが認識されなかったり、データが破損することがあります。

iPhoneでの準備。

設定>自分の名前>iCloud>写真>オリジナルをダウンロードにチェック

Windowsでフォトアプリを開く

右上のインポートクリック> USBデバイスから選択

    

   

写真が読み込まれPCに保存したい写真を選択すると、選択した項目をインポートをクリック。

後はインポートが完了するまで待つだけです。

    

    

iCloud.comからPCに保存

iCloud.comを検索し、Apple IDでサインインします。

写真クリック

     

モーメントクリック>ダウンロードしたい写真選択>赤丸のダウンロードマークをクリック。

     

後は保存したいフォルダに移せばOK  

    

Windows用iCloudをDLする

Windows用iCloudをダウンロードしApple IDでサインインします。

写真にチェックを入れ、オプションクリック

    

新しい写真およびビデオを自分のPCにダウンロードの変更クリック

   

ダウンロード先を選択>OKクリック

ダウンロード完了したらこんな感じ

年毎、月ごとのフォルダにまとめられていますね。

      

Windows用iCloudをインストールするとエクスプローラーに反映されます。

ではWindowsのエクスプローラーを開いてみましょう。

クイックアクセスに反映されていますね。

   

写真およびビデオをダウンロードクリック

     

すべてにチェック入れ、ダウンロードクリック。

    

年毎にフォルダにまとめられました。

PCに保存してある写真をiCloudにアップロードすれば、iPhoneで見ることもできます。

以上、iPhoneの写真をPCに簡単に保存する手順でした☆