iPhoneがおかしくなったら…

10月 30, 2019

    

     

なんじゃこりゃぁ~~~っ

iPhoneがいきなりシャットダウンしてしまったり、フリーズしたり、りんごマークの画面から動かないとか、そんな経験ありませんか?

まず慌てず騒がず、落ち着きましょう。

   

とりあえず再起動

覚えておいてください。

大抵のデバイスの不具合は、

マルチタスクの終了と 再起動でほぼ直ります。

キャッシュの削除とも言います。

色々アプリを立ち上げっぱなしでいると、画面が固まることが良くあります。

     

マルチタスクの終了

これがマルチタスク画面。
これ全部スライドして消去します。

その後に、音量ボタンどちらか一つと電源ボタンを同時に長押し。電源オフのスライドバーが現れたら電源を落とす。

ちょっと待って電源入れる。

これが再起動です。

再起動後に不具合が改善していればOK。

        

iOSアップデート

そして不具合が起きる大抵の原因は、

iOSのバージョンアップをしていないことです。

    

設定アイコン開いて、一般をタップ
一般のソフトウエアアップデートから
最新のバージョンを確認できます。

      

現在自分のiPhoneに搭載されているiOSのバージョンを確認するには、

設定>一般>情報

情報画面のバージョンの項目を確認してください。

iPhoneが操作できない時は、iTunesをお使いであればiTunesからでも確認できます。

この数値が先ほどソフトウエアで確認した最新バージョンよりも数値が小さい場合は、最新のバージョンがお使いの機種にまだ搭載されていないということになります。

最新のバージョンがお使いの機種に搭載されているなら、

ソフトウエア・アップデートの項目を開くと、

「お使いのソフトウエアは最新です」

という表示がされています。

ソフトウエア更新のお知らせがたまに来ませんか?

パスコードを打ち込む画面に勝手に変わるアレです。

Appleはしょっちゅうバージョンを更新しています。

そして、バージョンアップを自動で更新の設定をしているのにバージョンアップがされていない方。

自動バージョンアップが作動するには条件があります。

まず、充電状態であること。

なおかつWi-Fiに接続されている状態であること。

画面がロックされている、つまりiPhoneを使用していない状態であること。

つまりは、条件が整わないと自動バージョンアップは作動しません。

PCでも自動バックアップ、バージョン更新は時間指定があったりしませんか?

大概、自分が使わない時間帯、寝ている時間帯にこの設定をされている方が多いのではないでしょうか?

      

ソフトウエアのバージョンアップってなに?

そもそもソフトウエアってなに?

携帯やPCを動かす司令塔。
人間でいうなら脳みそに当たります。

みなさんがお使いのPCやアンドロイド、セキュリティ強化のためにセキュリティソフトを入れていると思います。

外部からのウィルスや、あなたの情報を盗もうとする悪者からあなたを守るセコムのようなものです。

このセコム、Appleでは最初から脳みそ(ソフトウエア)に搭載されています。

なので別のセキュリティソフトをApple製品にダウンロードする必要はありません。

っていうか、別のセキュリティソフトが入っていると、エラーや不具合を起こすらしい。

基本、ソフトウエアのバージョンアップってのはセキュリティ強化です。

前よりも防御機能がパワーアップしています。

後は、前のバージョンに起こっていた不具合の改善、機能の改善、新機能を搭載したりするものです。

新しいバージョンが公開されたら、必ずアップデートしてください。

アップデートの前後にはパスコードの入力が求められます。

このパスコード、忘れていたら少々厄介なことになります。ご注意を。

  

ただ、このお知らせが来てすぐにアップデートするとアップデートが終わらないなんて不具合が起きることがあります。

なんでかっていうと、このお知らせでApple製品を使っている人たちが一斉にアップデートを始めると、

Appleのサーバーが一時的にものすごーーく重くなって、なかなかアップデートが終わらなかったり、

アップデートが中断したりすることがあります。

だから、3~5日様子を見て落ち着いた頃にアップデートをするというのも良いと思います。

アップデートはWi-Fi環境下で、デバイスを充電しながらしてください。

大型アップデートはだいたい完了まで30分くらいかかります。

また、デバイスによっては大型アップデートで不具合が起きたりします。

この不具合が再起動などしても直らないようであれば、アップルサポートに電話しましょう。

アップル・サポート
0120-277-535

このバージョンアップ、めんどくさがって放置しているといざという時に慌てることになります。

データをバックアップするときなど、バージョンを最新にしていないと失敗します。

結局は、バージョンを更新するところから始めることになります。

いずれバージョンアップは必ずしなければならないもの。

快適にデバイスを使用するためには、バージョンアップのお知らせがあったら、おとなしく従ってください。

そして、バージョンアップをかなり長くほったらかしていた方。

例えば、お使いのデバイスのバージョンが9で、最新バージョンが12とします。

9と12ではかなりの開きがあります。この場合、デバイスでのバージョンアップはできません。

9から12へ大きな負担のかかるアップデートをしないといけないので、PCによるアップデートが必要になります。

これ、時間もかかります。

この操作は’iTunes iPhone アップデート’ で検索すれば出てきます。

こういっためんどくさい事態にならないためにも、アップデートはしておきましょう。

      

りんごマークで動かない場合

強制再起動をしましょう。

iPhone8以降:音量ボタン上げる押してすぐ離す。音量ボタン下げる押してすぐ離す。サイドボタンをりんごマークが現れるまで押し続ける。

     

電源は入るっぽい?

電源は入ってりんごマークは出たんだけど途中で動かなくなる場合。

PCの登場です。

今使ってるデバイスの脳みそをまるっと入れ替える作業をします。

脳みそがエラーを起こしている可能性があるので。

デバイスをPCにつなぎます。しつこいようですが、Appleの純正ケーブルを使用してください。

iTunesが立ち上がりますので、デバイスの選択をします。

先ほど紹介した強制再起動の操作をデバイスの方でします。

PCもしくは音符とケーブルの絵が出現するまでサイドボタンを押し続ける。

この絵はリカバリーモードの画面です。

リカバリーモードの画面になったら、PCの方で、

「アップデートまたは復元を必要としているiPhone"iPhoneに問題があります"」ってお知らせが出てきます。

ここで「アップデート」を選択。iOSを入れ替える作業が始まります。

あとは待つべし。

これで不具合が改善しなかったり、そもそもPCにつないでもiTunesがデバイスを認識しない場合、アップルサポートにLet’s電話です。

   

iPhoneて自分の身を守るんだってよ

びっくりする所で携帯を発見をすることありませんか?

私は二度ほど、妙なところから携帯を見つけたことがあります。

一度目、ガラケーがなくて家中探しまくってたら、

アイスと一緒にコンビニの袋に入って、冷凍庫にいました。

     

あのね、知ってるかもしれないけどね、
携帯はね、凍らせなくてね、いいんだよ?

うん、知ってる…。

二度目、iPhoneの時はiPhoneを探す機能使ったら、どこからか音が鳴っています。

洗濯物と一緒に、洗濯機にいました。(幸い水は溜めていなかった)

いや~、酔っ払いって何考えてるんだろうねw?

あまりに厳しい寒さや暑さを感じたり、負荷のかかりすぎる無茶な使い方をしていると、

iPhoneは自分の身を守るために勝手にシャットダウンすることがあるらしい。

この場合は、少しほっとけばまたちゃんと動くらしいので大丈夫。

   

バッテリーの寿命

電源入ったり落ちたりを繰り返す場合は、電池が寿命なことが多いです。

設定>バッテリーで調べられます。

電池が寿命の前って本体がめっちゃ熱持つようになるかと思いますので、素直にバッテリー交換に出すか、新しいiPhoneを買いましょう。

     

まだ買ったばかりでデバイスは新しいし、落としたり水没させたりもしてないし、なんでかわかんない!という時は、

アップルサポート
0120-277-535
に電話しましょう。