iPhoneを初期化する

    

初期化とは

初期化とはデバイスの中のデータをすべて消去することです。

では初期化が必要になる時ってどんな時でしょう?

    

パスコードロック

パスコードとはデバイスのロック画面を解除する暗証番号です。

最近はFace IDやTouch ID認証が主流になっているため、アップデートやiPhoneを再起動した時にパスコードを求められると

パスコード…… ?

ってなる方もいらっしゃるでしょう。

パスコードは10回間違えると

iPhoneは使用できません、iTunesに接続してくださいという画面になります。

この画面が表示されたら初期化する以外に解決法はありません。

初期化とはiPhoneを再び使えるようにするために、パスコードごと中のデータをすべて消去する解決法です。

この時バックアップを取っていた方は後でバックアップをiPhoneに戻せますので、心おきなく初期化してください。

バックアップを取ったことがない方。

Appleの公式回答は『データを救出する方法はありません。』

ググればデータを救出できる方法があるようですが、すべて戻せる保証はありませんし、データが破損する可能性もあります。このような方法でデータを復元してiPhoneに不具合が起きた場合、Appleは一切責任を取ってくれませんので自己責任で行いましょう。

なお、スクリーンタイムのパスコードを忘れた場合も初期化が必要です。

この場合はバックアップを取っていたとしてもバックアップを戻すことができません。

なぜならば、バックアップには忘れてしまったスクリーンタイムのパスコードも含まれるからです。 

対処法としては、連絡先や写真、アプリなど別個にバックアップを取り、初期化後iPhoneを新しいiPhoneとして設定し、バックアップをそれぞれ戻す方法があります。

   

 

iPhoneを修理に出す時

iPhoneを修理に出す時、初期化してくださいと必ず言われます。iPhoneが使える方は初期化しましょう。iPhoneが使えない方は初期化する方法をまとめていますので、できる方は行いましょう。

   

 

iPhoneを売却・譲渡する時

機種変更の時などに使わなくなったiPhoneを下取りや売却、譲渡する時に自分のデータをすべて消去する必要があります。

この場合はiPhoneからサインアウトしておく必要もあります。

サインアウトせずに初期化するとアクティベーションロックがかかります。

アクティベーションロックがかかっているiPhoneは買い取ってもらうことできません。

   

iPhoneに不具合が起きた時

iPhoneに不具合が起きた場合。

なにをやっても不具合が改善しない場合はデータがiPhoneの不具合に関与している場合もあるため、初期化をしてデータを戻さずに使用してみて改善があるかを調べます。

初期化してデータを戻さず使用して改善があった場合は、データを戻すことは出来ません。

データが不具合の原因であるためです。

    

初期化の方法

デバイスが使える場合

設定>一般>リセット>すべてのコンテンツと設定をリセット

アカウントをサインアウトしていない場合、Apple IDのPW、パスコードなどの入力が求められます。

    

デバイスが使用できない場合

PCとiTunesが必要になります。

以下指差し確認

👉PCが最新バージョンであるか

👉iTunesが最新バージョンであるか

👉PCとデバイスを接続するケーブルはApple純正ケーブルであるか

以上条件がそろわない場合、エラーが起きたり初期化できなかったりします。

手順

PCでiTunesを開く

iPhoneをリカバリーモードにします。

iPhone8以上:電源を切る>右側サイドボタンを押しながらiPhoneをPCに接続>リカバリーモードが表示されるまでサイドボタンを押したままで待機。最初にりんごマークが出現しますが手を放さず待つべし。

iPhone7、iPod touch:電源を切る>音量下げるボタン押しながらPCに接続>リカバリーモードが表示されるまで音量下げるボタン長押し。

iPhone6以前、ホームボタンがあるiPad、iPod touch(第6世代以前):電源切る>ホームボタン押しながらPCに接続>リカバリーモードが表示されるまでホームボタンを押したまま待つ。

PCのiTunes上で以下の画面が出現します。

アップデートまたは復元を必要としているiPhone“iPhone”に問題があります。という表示が出たら、初期化する場合は復元をクリックします。

復元をクリックすると念を押すようにもう一度復元しますか?と聞いてくるので復元をクリック。

これで復元が始まります。

ここで15分経っても復元が終わらない、失敗したというような表示が出た場合。

慌てずもう一度iPhoneをリカバリーモードにして復元をしてみましょう。1度で初期化できない場合がありますので、2度行えば大抵初期化できます。

2度やっても初期化できない、エラーが表示される場合はAppleのコールセンターに電話するか、以下を試してみましょう。

デバイスが使用できない、PCがない場合

第三者のiPhoneを借りられる場合

友人、家族のiPhoneを借りたら、

iPhoneを探すアプリを開きます。

自分の名前でサインイン>すべてのデバイス or デバイスを探す>初期化したいiPhoneを選択>消去 or デバイス右の×印クリック or このデバイスを消去>消去しますか?>消去する選択

これでiPhoneの電源が入っている場合は初期化が始まります。

iPhoneの電源が入っていない場合は消去が保留中になりますが、次に電源が入った時に初期化が始まりますので大丈夫です。

iPadでiCloud.comにサインインしても初期化できます。

    

PCもApple製品も借りられない場合

近くのApple StoreかAppleの正規代理店に相談しましょう。

もしくはネットカフェのPCから初期化しましょう。