フリマで効率よく稼ぐには?【出品編】

10月 27, 2019

おはこんばんわ、レオです。

さぁ、準備はできました。あとは、価格を付けて出品するだけです。

     

値付け 

さて、重要な値付けの話です。

まずは、出品する商品の相場を確認しましょう。

中古品、新品・未開封品とでは当然価格は違います。

ライバルたちの商品をいくつか下調べして参考にしましょう。

商品の価格はざっくり言うと

原価+梱包資材の原価+送料+手数料+利益

新品・未使用品を例にしてみましょう。

定価が3000円だとします。

新品でも、だいたい定価の60~70%の価格にすると売れやすいでしょう。

ということは、2100円で出品するとします。

ここで、この商品をあなたがタダで手に入れているのであれば、

2100円 – 手数料10% 210円 – 梱包資材原価20円 – 送料200円=利益1670円

もし仕入たものであれば、上の利益からまた原価を引いたものが純利益となります。

手数料はメルカリだと売却価格の10%です。

私は前回もこう言いました。

フリマは値下げ文化があると。

前回のお話は、こちら

なので出品価格に上乗せした方がいいのが、値下げ交渉分。

敵は容赦ない値下げ交渉をしかけてきます。値下げすると、利益はその分減ります。

もう、値下げ交渉ありきで価格を付けましょう。

   

送料

利益を左右するのが送料。

各フリマの主要配送方法は、日本郵便もしくはクロネコヤマトです。

(例)

ゆうパケット:メルカリ 175円 (厚さ:3cm以内 縦・横・高さの合計が60cm以内 重さ1kg以内)

ゆうパック:メルカリ 60サイズ 700円 (3辺合計が60cm以内 重量25kg以内) ~

このゆうパケットとゆうパック、追跡サービスがついており配送状況を出品者も購入者も見ることができるのと、

万が一の場合は保証もあります。いくらとか明言はありませんが、メルカリが適切にサポートしてくれるようです。

あて名書きが不要で、匿名配送ができるので個人情報が守られます。

メルカリ便、ラクマ便を使用するのが断然お得です

ですから私は、封筒に82円切手貼って宛先書いて出せる普通郵便の倍の料金になっても、安全性の高いゆうパケットを選びます。

また重量オーバー、厚さはちょっとでもオーバーすると受け付けてもらえません。

重量・サイズは正確にしないと、購入者に迷惑をかけてしまいます。

フリマのガイドを見ながら送料を抑えられるように、コンパクトかつ商品が壊れないように最新の注意を払って梱包するようにしましょう。

いくら送料を浮かせるためと言っても、ずさんな梱包をすると評価は下がりますし、ずさんな梱包のせいで商品が壊れた場合は当然売買はキャンセルになり、あなたは損をします。

くれぐれもご注意を。

値下げ交渉に応じる

さて、商品を出品しました。

早速、値下げ交渉がきます。

私が思う値下げ交渉に応じていい場合を。

・3カ月以上売れない物。

・断捨離をして利益はいらないから、さっさと売り切ってしまいたいもの。

・利益を急ぐもの。

こういったものは値下げに応じて、さっさと売って良いでしょう。

ただ、本は長期戦を覚悟してください。

マンガ本は売れるのが早いですが、小説等は長期戦です。

忘れたころにポッと売れますので、 あまり急いで値下げをしてしまうと後悔するかもしれません。

読書の秋だからか、最近本が売れてます。

医療、建築などの専門書などは特化した古本屋さんがあるので、そちらを利用する方が良いかもしれません。

相場を読む

出品前に相場を調べていたとしても、短期間で相場が下がることもあります。

相場が崩れて(供給が飽和状態)いる時には出品を見合わせるのも大事です。

待つ作戦です。

自分の望む利益が手にできそうになったら出品します。

需要が回復しないようなら、希望利益にできるだけ近い金額で売り切ってしまう。

ロスになるよりはマシ。
勉強代だと割り切ることも必要です。

需要のあるものは出品数も多いですが、売れるのも早い。

ライバルが多いからと安易に安めの値段で売る方が増えます。

当然安い物から売れていきます。

ですが、私はそういう時つられて慌てて値下げはしません。

商品の絶対価値を自分で崩しては利益なんて上がりません。

例えば、最初相場が3000円くらい

出品する人口が増えて2000円とかで売るあわてんぼうさんが多々出てくる。

一時、2500円前後に相場が下がる。

でもそんな価格では利益は微々たるもの。

アホみたいに安い値付けの物が売れてしまうのを待つ。

アホな価格がほぼ売れたころ、まっとうな相場を付けた物が売れ残る。

でも需要は相変わらずあるので、結局は高くても売れる。

待ったものが勝ちます。

この間ガンガン値下げ交渉をされますが、私は断るか無視しました。

結果、値下げ交渉分を含めた値段で売れました(笑)

この間、商品を出品して1週間の出来事です。

上の話は需要の高い商品ならばの話ですが、需要のあまりない物でも気長に待てる余裕があるのなら、売れるまで待っても良いかと思います。

需要が限定されるものは、自分のいい値で売れるからです。

出品のタイミング

連休に入る前日までに出品しておく。鉄則です。

2連休の土曜は、いいね!がついたり、値下げコメントの頻度が平日に比べて高くなります。

3連休だと最初の2日間で動きがあり、1日中フリマからのお知らせが鳴ります。

連休最終日もしくは連休明けの朝に実際の売買が成立することが多い気がします。

メルカリの場合、売買が成立しやすい月などをお知らせしてくれるので親切です。

売買が成立したら、

「購入して頂きありがとうございます。」

「発送は○○日を予定してますが大丈夫ですか?」

などのメッセージを送るという購入者へのケアは忘れずに。

      

       

私がお伝えしているのは、効率的にいかに稼ぐかという話。

この「効率的」には、

トラブルを徹底的に避けるという意味も含まれています。

いくら売れても、自分の配慮不足でトラブルを招いてはメリットが少ないのです。

トラブル対応によっては、二度手間になったりで無駄な時間を取られたりして精神的にも疲れます。

購入してくれた方に対して配慮するという真っ当な責務を果たしていれば、トラブルはほとんど起きないでしょう。

     

2回に渡りフリマで効率よく稼ぐというテーマでお送りしましたが、

要は顔が見えない、声も聞こえない取引だからこそメリットもあり、デメリットもある。

     

フリマで生き抜くコツ

出品者が配慮することでトラブルなしに快適な取引ができます

ってことでした。

良いフリマライフを‼

     

読んでくださって、ありがとう♡