あんしんフィルターの何が安心なのか

おはこんばんは、レオです。

先日友人から電話があり、

子供のスマホに制限かけたいんだけどイマイチやり方分かんなくって。教えてくれる?

一応教えました。

だけどすごい違和感を覚えました。

なんなんだろ、この違和感…。  

子供のスマホに制限かけている方、多いと思います。

iPhoneならばスクリーンタイム、各キャリアからもあんしんフィルターなるアプリが提供されています。

出会い系サイト、アダルトサイトへの制限、ゲームやSNSの制限、様々あろうかと思います。

どこで何してるか知るために位置共有をONにしたいとか、子供に気づかれずに位置を確認したいとか。

気持的には分かるんですよ。

変態の魔の手から守りたい、悪人から守りたい。

でもね、スマホに制限かけることで本当に守ることになるの?

そもそも、

思春期なんてね、そういうことにしか興味ないんですよ。制限かけようが、どんな手段使っても見るときゃ見るんですよ。

自分が子供の頃どうだったか思い出してみればいい。

親が縛るほど子供は狡猾にすり抜けていくもの。

子供の時にセックスに関して無関心だった人なんていないと思う。みんなエロ本見たりコッソリ調べてたりしていたでしょう。

だって好奇心の塊だから。

だって未知の世界だから。

私が小学生の時なんかスマホやらありません。私は本や漫画が好きだったので読みだしたら結末見るまで眠れない子でした。だから小学校中学年ですでに寝不足の夜更かし体質でした。布団に入ってからもずっと本を読んでいました。

本ならためになるからいいじゃないスマホでSNSやらゲームばっかりしているよりは、と思うかもしれません。

私は本もスマホも大して変わらないと思います。

それに今は本もスマホで読む時代です。

ハッキリ言って、くだらない授業聞いてるよりよっぽどためになるYou Tubeの動画だってある。

子供って何かに夢中になるものです。だって好奇心の塊ですよ?それがスマホの無かった私の時代は本や漫画だったってだけで、スマホがあったなら間違いなく私もスマホにかじりついていたと思います。

そして本ばっか読んでた私がロクな大人になったのか?

成功もしてなけりゃ、ブラック業界の社畜やってたんですよ?(笑)

宿題していて分からない事が出てきたらどうしていましたか?

ネットがなかった時代は、図書館で調べる、家にいるなら親に聞く。

今子供に教えて~って言われて、答えられますか?教えられますか?

鶴亀算くらいならまだギリいけるかもしれないけれど、もう中学生くらいになったらお手上げです。

私が学生の時に習ったはずの歴史の内容も変わっているんですよ?

大化の改新はムシゴロシだろ? 違うの⁉って判明した時の衝撃といったら。

ついていけません。少なくとも私は無理です。

会社で後輩から、先輩ワインの事で○○分かんないんすけど~と言われた時、私の開口一番は、

調べたの?

え、いや…。

アンタ何のためにスマホ持ってんの?
ググれ!ググっても分かんなかったら聞きに来ーーい!

と言って先輩ヅラして回避し、陰でこっそり私がググってました(笑)

今どきの子は、先生よりも親なんかよりもずっと優秀な武器を手にしているのです。その使用制限をかけるなんて、子供の人生の邪魔をしているようなものです。

スマホばっかりいじってたらロクな大人にならない、そういう考えはもう捨ててしまった方がいい。

SNSしまっくている今どきの子たちが今あるモノよりも面白いアプリを作りだすだろうと思いますし、ゲームばっかしたおかげで大ヒットのゲームを生み出すかもしれませんし、世界的に有名なゲーマーになるかもしれません。

成功したり有名になる例えを出しましたが、結局は親が子供に期待しているのってそういうことなんでしょ?

いい大学出ていい企業に入って結婚して家庭持って…っていうようなことが大多数の人間の成功・幸せだと思い込んでいるのならば、もうそういう時代じゃない。

子供は自分の分身ではないですよ?

子供にGPSの首輪をつけったって、子供は言いなりにはなりませんし、言うことをますます聞かなくなります。私が子供の時もそうでした。自分が子供の時の事を思い出してみたらいい。

親の目を盗んでは真夜中に家を抜け出したりなんてしょっちゅうしていました。思春期なんてそんなものです。

変態や悪人の魔の手からかわいい我が子を守りたい。

スマホに制限をかけたところで守れません。

危険な物を遠ざけ過ぎていては、社会に出た時に困るのは子供です。

毎日どんなにキレイに歯を磨いても、体を洗って風呂に入っても、人間の体は菌だらけです。

大抵は常在菌でしょうが、食中毒を引き起こす菌、水虫になる菌だって普通に持っています。こいつらを100%排除するなんてことは出来ません。

水虫になる時にはなるし、虫歯になる時はなる。でも悪い菌がいるからこそ人間は淘汰されないために免疫という機能を強化しサバイバルしてきました。

有害な物を見せない、触れさせない、そんなんで免疫力の高い、強い人間に育つと思いますか?

子供の時から徐々に免疫を付けさせて、独り立ちする時にはある程度自分で判断できるようにして社会に放り出すべきではないのか。

無菌豚のように育てて社会に放り出すことの方がよっぽど恐ろしい事だと思います。

それに、もう中学生くらいになったら結構自分で判断できるものです。っていうか、親から離れたいって自立心が芽生えてこなきゃヤバいです。

例えば、学校の帰りに裸コートのおっさんに遭遇したことあるでしょう。

夕方6時くらいに女子学生の前に現れてコートをバっと開く変態野郎です。

初めて見た時にはもう恐怖でした。当分怖くて一人で帰れませんでした。

それから10年後。仕事でヘトヘトに疲れ夜中前に帰宅している途中、変態コートが現れたことがありました。人が突然現れたのでびっくりはしましたが、

げんなり…

(なんだ変態野郎か…。クッソ疲れてる時にきったないモン見せんなや。)

と心の中でつぶやき、何のリアクションもせず、声も出さず、疲れ果てているため走り出すこともせず普通に素通りしました。家の近くまで来たとき一応振り返ってみましたが変態野郎はついてくることはありませんでした。

ヤツらは大騒ぎされることで快感を得るただのおとなしい変態であり、殺人狂でもなんでもない。だから反応しないことが一番の防衛策だということを経験で知っていました。

これが免疫ですww

エロや詐欺や社会の毒から隔離して育て、いい大人になった時に免疫もない事の方が恐ろしい。

不思議に思うのが、人間にとって生きていくうえで大事な、性、お金、生き方についてびっくりするほど大人は特に親は言葉を濁す教育をしているような気がします。

早くから正しくお金やセックスについての情報を開示した上で、例えばこういう物はフィッシングというものだ、こういう出会い系サイトは怪しいとか、コンドームはとりあえずつけとけとか、なぜ関わらない方がいいのか、どんな危険があるのかを教えておいた方がどれだけ子供に有益か。

スマホばっかいじっているとロクな大人にならないと制限をかけたって、もう我々はこのネットでつながった世界から情報で氾濫した世界から逃げることは出来なくなっているのだ。

だったら制限をかけ無菌豚を育てるのではなく、正しい情報を与え自分で判断できるよう導くことが大人の役目ではないか。

そもそも大半の大人がネットやスマホや情報に対して自分で調べもせず間違った認識のまま分からないままでいるから、子供に教えられないということもあるだろう。

制限をかける前にまず自分が学び、正しく認識しネットリテラシーを上げ、子供に情報開示、自分で判断できるように導く。

子供がいくつになろうが一生あなたの子供ではあるが、ずっと赤ちゃんのままではない。賢く判断できる大人に早くなるかならないかは親のリテラシー次第だ。

そういうことではないのだろうか。

読んでくださってありがとう♡